ビジネスローンと収入証明などの必要書類

金融関連の業者から借りる際には、大抵は書類提出が求められます。ほとんどの商品では身分証などが必要になるのです。しかしビジネスローンの場合は、その他にも2つほど書類が必要になります。主に経営に関する書類などは、必要なのですね。

身元証明書は何が認められるか

まず一つ目の身分証なのですが、どの書類が有効扱いになるかは金融業者によって異なってきます。ただ殆どのビジネスローンでは、まず顔写真がついた証明書は有効と考えて良いでしょう。したがってパスポートなどは、たいていのローン商品で認められます。さすが学生証などは微妙な事も多く、よく金融会社に確認する方が無難ですね。この書類は、どのビジネスローンでも必ず必要です。この提出が不要になる商品は、ほぼ皆無ですね。

収入が分かる書面が必要な事も

それと、収入が分かる書類です。ビジネスローンの場合は、大抵は確定申告の際に発行される書面は有効と見なされます。納税に関わる書類ならば、確実に自分の所得を証明する事ができるでしょう。したがって納税関連の書類などでも、収入証明と認められるケースが多いです。ただこの証明書は「必須」ではありません。それが求められる事もあれば、不要な事もあるのです。そもそもビジネスローンの申し込みをする時には、必ず自分の収入データを記載する事になります。それに間違いが無い事を証明する目的だけで、金融会社に提出するのですね。ですのでローンによっては、わざわざ提出する必要が無い事もあります。

経営状況に関わる書類が求められる

それと経営の健全性に関わる書面なども、ビジネスローンでは求められる事になります。というのも金融会社としては、申込書に関わる経営状況が安定しているかどうかを、書類で確認したい訳です。したがってローン申し込みの際には、決算書などが求められる事になります。なお個人事業主などの場合は、決算書ではなく確定申告書などでも問題はありません。その書面でも、事業の健全状況などを提示する事はできるからです。

経営の書類が特徴的

したがってビジネスローンの必要書類は、以下の3点があります。

  • 身分証明書
  • 収入を証明できる書類
  • 経営の健全性を示す書類

特に3点目が独特ですね。ローン商品は、他にも色々とあります。わざわざ経営に関わる書面を提出する必要が無いローンもありますが、ビジネスローンでは必要なのです。ある意味この3点目の書類は、このビジネス用商品の最大の特徴とも言えます。

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です