ビジネスローンと返していく期間

各社のビジネスローンは、とても多彩です。それぞれ違いがある訳ですが、その1つは返済期間ですね。長い間の期間に渡って返していく事ができる商品もあれば、かなり短めな商品など色々です。ただこのビジネス用の商品で借りる場合は、早期に返すのが基本スタンスになります。

会社によって違う最長期間の長さ

まず大原則として、各社によって期間の長さがあることだけは確実です。例えばある銀行関連のローン商品の場合は、最長月数が120前後となります。ところが全く別のローン商品ですと、60ヶ月前後になるのですね。もちろん前者の商品の方が、長い期間に渡って返していく事ができます。中には400ヶ月の商品もあるので、金融会社によって大きく異なりますね。この長さの違いは、自社に最適なビジネスローンを選ぶ基準の1つになるでしょう。

長い期間をかけると毎月負担額は小さくなる

ではトータル月数が長くなる事はどのようなメリットがあるかと言うと、毎月返していく金額です。返済のトータルですが長くなれば、それだけ小刻みになってくるでしょう。100万円を10回かけて返せば、単純計算では毎月10万の負担になります。しかし20回で返していけば、当然毎月5万の負担ですね。実際には手数料が生じるので、ここまでシンプルな数字になりませんが、どちらにしても20回の方が毎月負担が小さい事だけは確実です。

長くなればトータル手数料は高くなる

ところが月数が長くなる事は、コストにも関わってくるのです。10回払いの場合はトータル5万の手数料だとします。ところが20回払いとなると、8万といった具合です。毎月の負担は確かに軽くなりますが、トータルの支払いは多くなる事は要注意でしょう。総支払い金額をよく考慮した上で、月数を設定したいものです。

ビジネス目的は短期が原則

そしてビジネスローンに関しては、短期が基本との意見が目立ちます。そもそもこのタイプの融資商品は、長期返済をするほど金利が低めではありません。少なくとも住宅ローンと比べれば、遥かに手数料が高めでしょう。長期というより、むしろ短期で速やかに返していくのが基本ではあります。

できるだけ早く返すのが良い

ですのでこのビジネス商品の返済期間については、

  • 商品によって最長期間は異なる
  • 期間が長ければ毎月負担は少ない
  • 長くなるとトータル負担は大きくなる

主にこのような特徴がある訳です。結局このビジネス用商品は、上記3点目のトータル負担は軽視できないので、なるべく期間を短くするのが望ましいでしょう。

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です